社会保険料の負担にお悩みの社長へ
今、社会保険料の負担にお悩みではありませんか?


もし思い当たるなら

  • 社会保険料を削減できる
  • 100万円単位で手取りを増やせる
  • 連帯保証人対策でご家族を守れるスキームを組める
という「一挙三得」のご提案があるのですが、ご興味ございませんか?

■ 「社会保険料が重い・・・」
社会保険料の負担は今や役員報酬の約15%です。


社長の場合、会社部分もご自分で負担していると同じなので、その保険料率は約30%にもなります。


「この負担、何とかしたい!」


が本音ではないでしょうか?

■ 年間100万円単位で増えることも
実はこの社会保険料、削減することができます。


削減するといっても役員報酬を少なくするだけでは意味がありませんので、もちろん手取りを増やしながらです。


方法にもよりますが、年間100万円以上増やすことも可能です。


さらに、このスキームを使えば、社長がなっている「連帯保証人」から、ご家族を守ることもできます。
■ 連帯保証人の怖さとは?
あらためてここで連帯保証人の怖さをお伝えさせてください。


というのも、「本当の意味」で連帯保証人の怖さを理解している社長は少ないからです。


会社が融資を受ける場合、その借入について、金融機関から社長個人に連帯保証人になることを求められます。


保証人にならないと融資を借りられないわけですから、多くのケースで、「会社の借金=社長個人の借金」となります。


そして連帯保証人である社長が、万が一お亡くなりになった場合、ご家族が財産を相続すると、それと一緒に保証人の地位を引き継ぎます。


つまり、社長がした借金と同等の責任、返済義務を負うことになるのです。


社長の残した会社や自宅などの個人財産は、「会社だけ」「貯金だけ」とプラスのものだけ選んで相続することはできません。


借金などのマイナスの財産も同時に相続することになります。


その中には、連帯保証人の地位も含まれます。


もし、マイナス財産を引き継ぎたくなければ(相続したくない場合)、プラスの財産も相続放棄しなくてはいけません。
■ ご家族が路頭に迷う
そして問題はここからです。


連帯保証した会社の業績が好調なら、残されたご家族も会社を継いでくれるかもしれません。


しかし、業績が悪かったり、自分の道を進みたいからと、会社を承継する意思がなかったらどうでしょう?


相続を放棄しようにも、それを実行すれば、プラスの財産である自宅や預貯金まで失います。


仮に配偶者が専業主婦であったり、お子様が小さかったりすれば、生活に困ることは想像に難くありません。


そうかといって相続すれば、自宅や預貯金は守れますが、連帯保証人としていきなり何千万もの借金を背負うことになります。


そうなると会社を継続させていくプレッシャーを負うことになりますし、もし経営が上手くいかなければ、それこそ当初の債務以上に借金を増やすことになるかもしれません。


こんな風に残されたご家族を路頭に迷わすことになりかねないのが、連帯保証人の本当に恐ろしいところなのです。


ちなみに、連帯保証人になって相続すると、相続税がどんと増える可能性がありますので、この点も気をつけなくてはいけません。


だから、ご家族のことを真に考えている社長は、連帯保証人対策も行っておくものなのです。
■ 一挙三得の解決スキーム
その連帯保証人対策を、社会保険料を削減しつつ、手取りを増やしながら行うのが、わたしの提案する社会保険料削減スキームです。


こんなこというと誤解されるので嫌なのですが、当たり前ですが合法的な方法です。


愛するご家族に、自分の進みたい道を選んでほしい、そんな選択肢を残せるのが、このスキームです。


くどいですが、社会保険料を削減して、なおかつ100万円単位で手取りを増やしながらです。※手取りの増え方は、方法によります。


もしご興味ある方は、わたしの提案内容を聞かれてみませんか?


まずは無料相談に下記フォームよりお申込みくださいませ。


この機会にぜひお申込みくださいませ。


※強引な営業やしつこい勧誘はありませんので、ご安心ください。