融資は企業の「格付け」で決まる

 

銀行からの融資は、事業を継続していくためにも、事業を成長させるうえでも必要なものです。

 

「うちは融資なんて必要ない」という社長もいらっしゃるでしょう。

 

しかし事業規模が大きくなれば、それに比例して必要運転資金も大きくなるため、会社のストックしたキャッシュや社長の個人資産だけでは、いずれお金は足りなくなります。

 

だからこそ、いつでも銀行から融資を引きだせるようにしておくことは、会社の経営戦略上とても大事なことになります。

 

しかし、です。

 

あなたは銀行が何を基準に「融資を行うか」を決めるかご存知でしょうか?

 

この基準を知らずして、やみくもに経営改革に取組んでも意味はありません。

 

では、何を基準に融資の実行の判断をしているでしょう?

 

それはズバリ、企業の「格付け」です。

 

 

このようなお悩みがある社長・経理担当者は格付け診断サービスにお申込み下さい。

 

・融資を受けたいが審査に通るか不安

 

・資金繰りに問題を抱えている

 

・事業の成長のために融資が必要

 

・プロパー融資を受けたい

 

・連帯保証人を外したい

 

まずはお気軽にお問合せ下さい。

 

 

 

銀行の気持ちを知らずして融資は受けられない

 

「銀行融資対策のために何をすればいいかよくわからない」、そうお感じの社長の方が多いと思います。

 

銀行といえど、中で働いているのは人間です。

 

担当者を通じて、銀行との関係作りに心を砕いていらっしゃるかもしれません。

 

しかしながら、銀行との関係を良くするためには、まずは「自社がどう評価されているか」を、冷静に把握しておくことの方が先です。

 

自社に何が不足し、銀行が融資のために何を求めているのか?

 

このような銀行が真に求めるものがわからなければ、上辺だけは仲良くなれても、本当の協力関係を築くことはできないでしょう。

 

銀行は融資というビジネスで利益を稼ぎたいのです。

 

そのためには、「御社にお金を貸して、最後まできちんと返済できるか?」、この不安をまず解消しておきことが大事です。

 

その不安を解消する土台を築いておかないと、銀行は融資をしてくれません。

 

人間関係は大事ですが、それだけでは銀行を動かすことはできないのです。

 

ですから、現在の自社の状況を冷静に把握し、銀行が「自社をどう評価しているか」これを知っておく必要があるのです。

 

これを理解できれば、銀行の考えていることが手に取るように分かり、担当者にペコペコお願いしなくても、銀行から融資を引き出すために今何をすべきかが理解できます。

 

 

融資はスコアリングシートで8割決まる

 

銀行は「格付け」という評価方法を使って、融資をするかどうかを決めます。

 

格付けは6段階で、「正常先」「要注意先」「要管理先」「破たん懸念先」「実質破たん先」「破たん先」に分けられます。

 

簡単にいえば、「正常先」以外に格付けされると、融資を受けることがむずかしくなります。

 

さらに正常先も6段階にわかれていて、一番下の6段目になれば、ちょっとした経営悪化ですぐに「正常先」からランクダウンしてしまいます。

 

その格付けを決める要素に「スコアリングシート」があります。

 

スコアリングシートとは、決算書を元につけられる企業の評価点です。

 

このスコアリングシートによって、格付けの8割は決まってしまいます(メガバンクで9割、地方銀・第二地銀で8割、信金・信組で7割といわれています)。

 

逆にいえば、スコアリングシートで一定基準の得点を稼ぐことができれば、「いつでも融資を引き出せる」ともいえるのです。

 

つまり、現状、スコアリングシートで御社が何点なのか知ることができれば

 

・銀行が御社をどのように評価しているかわかる

 

・融資を受けられるか知ることができる

 

・融資を受けられないのであればどこを改善すればよいかわかる

 

・連帯保証を外せるかわかる

 

・御社が抱えている問題点がわかる

 

ということを把握できます。

 

要は、「今」から「何を」「どのように」すればよいか、「具体的」に理解できるのです。

 

 

御社の問題点をスコアリングシートで発見

 

たとえば

 

1・融資を受けるために自己資本比率が3%足していることが判明

 

2・1年後に自己資本比率3%を積みますために、利益をどの程度上げなければならないか理解できた

 

3・そのための1年間の販売計画、原価の見直し、経費の見直しを行う具体的な計画を立てることができ、実行に移した

 

4・その結果、融資を受けることができた

 

ということが起こります。

 

自社の評価を客観的評価でみるために、格付けでどれくらいの評価になっているか、格付け診断サービスを受けてみませんか?

 

まずはお気軽にお問合せ下さい。

 

 

 

診断の流れ

 

1・お申込みフォームからお申込み

 

2・決算書3期分をご提出

 

3・1週間以内に格付け診断レポートをお送りいたします。

 

4・診断に関する簡単なアドバイスをお電話でいたします。

 

 

格付け診断サービス料金

 

・10000円

 

お支払方法は銀行振り込みです。料金は前払い制となっておりますので、あらかじめご了承下さい。

 

 

 

― 自己紹介 ―

 

あらためまして、ファイナンシャル・プランナー(CFP:国際ライセンス)の大畑と申します。

 

 

ファイナンシャル・プランナーとは?
税金、投資、住宅ローン、不動産、教育、老後、相続まで、ありとあらゆるお金のエキスパートです。中でもCFPとは、国際ライセンス資格で、一般的ファイナンシャル・プランナーの上級資格です。

 

資金繰り改善プラン、社会保険料削減対策、国民健康保険料削減スキーム、役員報酬最適化プラン、企業の財務分析、収益改善プランニングなど、個人・法人事業のお金の専門家として活動しております。

 

社会保険、税金、企業財務の知識を武器に、個人では、社長の手取りを収入を増やすプランニングを手掛け、法人・個人事業では、資金繰り改善プランの立案、実行をサポートします。

 

広告代理業。集客・財務コンサルタント。ファイナンシャルプランナー(CFP国際資格)。

 

チラシの集客からスタートし、現在はSEO対策、MEO対策、PPC広告での集客も加え、インターネットとリアルの両面から、クライアントの集客をサポートできる強みがあります。

 

集客に関して、コピーライティングといったノウハウも持ち合わせていますが、データ戦略に主眼を置いています。

 

データを分析して集客を行うことで、より確実性のあるマーケティングプランを実行支援いたします。

 

財務コンサルタントとしては、社長専門のファイナンシャルプランナーとして、法人・個人の財務コンサルティングを行い、法人では財務体質の強化、個人では社長の役員報酬を最適化し手元キャッシュを最大化します。

 

 

わたしのミッション

 

常にクライアントの視点に立ち、クライアントの利益に100%貢献し、事業の成長の応援をすること。

 

マーケティンを通じ、人を幸せにする商品・サービスを広めるお手伝いをすること
財務基盤を強化し、世の中のお役に立つ企業を、100年存続する企業になることを支援すること。

 

社長にこそお金のアドバイザーが必要です。

 

一般的に社長になれば高収入で、通常のサラリーマンよりお金を持っているイメージです。

 

しかし現実はどうでしょう?たしかに収入は多いかもいしれませんが、社長のお金の悩みは尽きるどころか増える一方ではないでしょうか。しかもその悩みは一般の人より深刻です。

 

社長が稼いでこなければ、ご自身もご家族も生活ができないのはもとより、会社に万が一のことがあれば、愛するご家族、従業員さんはもちろん、ステークスホルダーと呼ばれる会社関係者にまでその影響は及びます。

 

肩に乗った責任が、圧倒的に違います。嫌でもお金について真剣に悩むのは仕方のないことです。

 

ですが肝心の社長といえばどうでしょう?

 

「お金のことはよくわからない」と仰ります。

 

社長こそが、お金のことを「一番に理解してないといけない」にもかかわらず、です。

 

・・・でも、お金のことを誰に相談していいのかわからない!

 

はい。仰る通りです。

 

社長のお金の悩みは会社のライフステージごとに変化していき、そのステージごとでお金の悩みが発生するようになっています。

 

創業時→売上アップ、資金調達、資金繰りなど
成長期→資金調達、資金繰りなど
安定期→資金調達、節税・社保などの手元資金の流出
交代期→節税、事業承継

 

これらのお金の悩みは、法人財務、税務、社会保険、相続、ライフプランニングなどさまざまなお金の知識がなければ解決できません。それを社長一人だけで解決しようとするのには無理があります。

 

ですからわたしは声を大にしていいたいのです。

 

社長だからこそ、お金に対するアドバイザーが必要ですと。

 

ご家族のこと、会社のこと、従業員のこと、取引先のこと、本当に周りの人の幸せを想う社長ほどお金の悩みは深刻になります。

 

そんなプレッシャーに耐えながら人生に真摯に向き合う社長だからこそ、わたしはお役に立ちたいと思っております。

 

この機会に、「格付け診断サービス」にお申込み下さい。

 

まずはお気軽にお問合せ下さい。