「売上を伸ばしたい」「資金繰りを安定させたい」社長へ
「目標を実現する」
事業計画書作成サービス
事業計画書作成サービスは、「売上を伸ばしたい社長」「資金繰りを安定させたい社長」「借入の返済計画を作りたい社長」「日本政策金融公庫・銀行からの融資をお考えの社長」におススメです。

事業計画書を作成する!

事業計画書は机上の空論ではない
コロナ禍の影響を受けた企業にとって、売上回復は喫緊の課題です。
 
結論からいえば、それを成し遂げるために必要なのが「事業計画書」です。
 
ただ「事業計画書」と聞くと、
 
「達成できないものを作ってもしょうがない」
 
「机上の空論」
 
こんなイメージをお持ちになるかもしれません。
 
たしかに事業計画書を作るだけならその通りでしょう。
 
しかし事実はその逆です。
 
「事業計画書を作るからこそ、目標を実現できる」
 
です。
 
目標を達成するには、「逆算」が基本です。
 
最初に設定した目標があるから、そこに向けて真っすぐ進むことができます。
 
行動基準も明確、目標を達成するためのプロセスも具体的、経営判断も的確に行えます。
 
仮にプロセスや判断がブレたとしても、着地点がはっきりしているため大きくズレることはありません。
 
逆にいえば、売上を増やせないのは
 
「いくら利益を出したいのか?」→数字が明確でない
 
「いつまでに利益を出したいのか?」→期限が定かでない
 
「利益を出すために何をすればいいのか?」→すべきことが具体的でない
 
からです。
 
つまり、目標が定まってないから、今何をすべきかの優先順位も決まらず、行動プロセスもはっきりせず、経営判断もその場その場の場当たり的なものになってしまうといえます。
 
だから売上げを増やしたいなら、まず「事業計画書を作ること」が先決なのです。

 

「目標」と「現実」のギャップにこそ経営改善のヒントがある
目標とは何なのかあらためて考えみましょう。
 
目標とは「手に入れたい未来の姿」、いい換えれば「自分の理想と現実とのギャップ」です。
 
そのギャップとは、事業なら社長の予測と現実のマーケットとの「差」のことです。
 
それは「見込みが外れた」と簡単に流してしまって良い問題ではありません。
 
実はその見当外れにこそ、自社の課題があるからです。
 
目標達成のために
 
「何をしなくてはいけなかったのか?逆に何をやめなくてはいけなかったのか?」
 
「自社に今できる有効な手段は何か?」
 
こんな具体的な行動目標は、目標との差があるから導き出せます。
 
繰り返します。
 
「現実は目標通りにいかないから事業計画書を作る意味はない」ではなく、「目標通りにいかないからこそ、事業計画書を作る意味がある」です。
 
成行き経営ではなく、戦略性を持って事業を進めるには、事業計画書を作ることが必要なのは明確です。

 

大畑 寛泰プロフィール
はじめまして。ファイナンシャル・プランナー(CFP:国際ライセンス)の大畑 寛泰(おおはた ひろやす)と申します。
 
銀行員でも税理士でも金融マンでもない網羅的な視点でお金の問題解する「社長専門のお金のエキスパート」です。
1972年、鳥取県生まれ。工業高校卒、アルバイトを含め10種類以上の就転職を繰り返す。金融機関への就職も実務経験もなく、ファイナンシャル・プランナー(国際ライセンスCFP)資格を取得し、社長専門のお金のアドバイザーとして活動するFP。
 
実務経験のなさをカバーする、法人財務、法人・個人のタックスプラン、社会保険料適正化、銀行融資、金融商品まで網羅する知識で、銀行員でも税理士でも金融マンでもない総合的な視点で、社長の抱えるお金の悩みを解決。
 
法人と個人を一体化した、社長のお金を「増やす」「運用する」「移転する」「守る」財務コンサルティングを展開中。
 
<一言コメント>
社長のお金の悩みは多岐にわたります。それを社長一人だけで解決しようとするのには無理があります。だからこそ、お金のアドバイザーが必要です。ご家族のこと、会社のこと、従業員のこと、取引先のこと、本当に周りの人の幸せを想う社長ほどお金の悩みは深刻になります。そんなプレッシャーに耐えながら人生に真摯に向き合う社長のお役に立ちたいとわたしは思っております。
 
著書:FPが教える社長のお金を増やして守る節税術
 
キャッシュを中心にした事業計画書
成長なくして「存続なし」。資金繰りの安定だけでは中小企業は生き残れない

 

わたしは、中小企業の事業計画書は「キャッシュ中心」で構築すべきと考えております。
 
その理由は、いわずもがな、キャッシュが詰まれば事業継続が困難になること。
 
そしてもう一つは、企業の成長には投資が必要だからです。
 
キャッシュが尽きれば事業継続は困難になることは、論を待たないところで、これは中小企業経営における命題といっても過言ではありません。
 
さらに今後大事になるのは、事業への先行投資です。
 
ご存じのように日本は少子高齢化と人口減少が進み、国内市場は縮小に向かっています。
 
そのうえ技術は日進月歩のスピードで進んでいます。
 
こんな状況で生き残るには、新しい技術や設備、マーケティングへの投資がなくては、あっという間に市場から置いていかれます。
 
ですから、資金繰りが詰まらないようにすると同時に、投資資金を確保することも絶対に必要です。
 
すなわち、
 
・運転資金が不足しても問題ないように、短期目標として月商の3か月分の資金を持つ
・中長期目標として、資金繰りを安定させるため「当座貸越」で融資を受けられるようにする
・毎年の投資資金を確保する
 
という目的を持った、キャッシュ中心の事業計画書の立案をいたします。
 
潰れない、成長を促す、の両輪を持った事業計画書です。
 
※事業計画書の作成は社長が中心になって行っていただきます。わたしは行うのはあくまでサポートです。
事業計画書作成サービスは、こんな社長におすすめです
「売上を増やしたい」社長
売上を増やすには、まずは「事業計画書」を作ることが大事になります。
 
その理由は「現実とのギャップ」を認識し、そのうえで「どうすればそのギャップを埋められるか?」の具体的な方法を考えられるからです。
 
目標があるから、そこから逆算して方法を導き出せます。
 
もちろん、そのための予算計画も組み込みます。
 
目標がなければ、すべてあいまいになり、判断もその場の雰囲気に流されてしまいます。
 
投資の判断も確信を持てない以上、中途半端で終わってしまう可能性が高くなります。
 
これでは売上アップなど到底望めません。
 
目標と、それを達成する根拠を持った事業計画書を一緒におつくりいたします。
 
「資金繰りを安定させたい」社長
企業を存続させるには、「資金繰りを詰まらせないこと」が絶対条件です(もちろん、資金が尽きても経営者が万歳しなければ、事業を継続することはできます)。
 
それに何より、資金繰りの安定は社長の精神的安定になり、それが経営の安定へとつながります。
 
社長が常に資金繰りに悩んでいては、いつまでも状況は改善しないでしょう。
 
資金繰りが不安定な状態から早急に脱することが、経営改善の第一歩です。
 
そのシナリオが事業計画書です。
 
「借入の返済計画を作りたい」社長
コロナ禍の影響で売上げが戻らない中、コロナ融資の返済がはじまります。
 
既存の借入の上にコロナ融資が乗っかっているのなら、状況はさらに最悪です。
 
長期借入の返済なら、返済原資が足りなくなる可能性が極めて高いからです。
 
この状況で事業計画書を作らずに返済しようというのは、無謀に等しいといっても過言ではありません。
 
返済で資金繰りを詰まらせないためには、事業計画書と連動させた返済計画が必要です。
 
「日本政策金融公庫・銀行からの融資を受けたい」社長
金融機関に事業計画書を提出するメリットは、「審査に通る可能性が高くなる」ことです。
 
最も重要なのは決算書であることに違いはありませんが、将来の返済可能性の根拠を事業計画で示すことによって、前向きな検討を促す結果となります。
 
とくに業績が悪くなっている場合は、事業計画書の存在意義はより大きくなります。
 

 

事業計画書作成サービスをご利用される“3つ”のメリット
ぶっちゃけ経営者は「営業は得意だが数字が苦手」ということが多いのではないでしょうか?
 
苦手なことは、得意な人に任せてしまうのも方法です。
 
事業計画作成サービスをご利用されることで、次の3つのメリットが得られます。
1.時間と手間を省ける
経営者には行うべきことが日々山積みされています。
 
事業計画書を作ることは重要ですが、それだけに時間を費やしてしまうのも現実的ではありません。
 
事業計画書の作成を専門家にサポートしてもらい、時間を節約することで、本業に集中できる時間を確保できます。
2.専門家の目を通して事業計画書を客観視できる
事業計画は経営者の頭の中にあることを、言語化し、具体的な数値を入れて、実現可能な計画にしていく作業ですが、それだけに、客観的なアドバイスがないと、独りよがりのものになってしまいかねません。
 
繰り返しますが、事業計画書は、言語化できてない、単なる数値の埋め合わせ、根拠なき計画では意味はないのです。
 
その点、専門家の目が入れば、事業計画を冷静に見直す良い機会になり、気づいた点を修正していくことで、より実現性の高い事業計画書を作成することができます。
3.返済額の見直しができる
資金繰りの改善には、金融機関からの「借入の仕方」が大きく影響します。
 
にもかかわらず、借り方を間違う社長は多いです。
 
それは社長が金融の専門家ではないのでしょうがないことですが、それでも、年間の返済額が100万円単位で変わってくるのなら、もったいないで済まない話です。
 
返済が楽になれば資金繰りが回るだけでなく、成長への投資を行うこともできます。
 
お金の専門家が事業計画書作成に加わることで、資金的な余裕を生む返済方法や借り入れ方を見直せます。

 

事業計画書作成サービスお申込みの流れ
1.お問合せ
まずはお問い合わせフォームよりご連絡ください。お電話でのご依頼の場合は「事業計画書の件でホームページを見ました」と言って頂けるとスムーズです。この時点では契約とはならず、一切料金はかかりませんのでご安心ください。
2.ご契約
正式見積りに同意後、ご契約となります。ご契約に際しては、契約書を交わしていただきますので、あらかじめご了承ください。
3.日程調整
会議の日を調整いたします。会議は遠方のお客様の場合はZoomを利用したWeb会議か、電話での打ち合わせを実施します。
4.会議
1~2時間程度の時間をいただき、会議を実施致します。1回で終わりではなく、複数回行うこともありますので、あらかじめご了承くださいませ。
5.納品/料金
会議終了後、1週間~10日以内に事業計画書を作成し、納品致します。納品はファイルで送る形となります。なお、作成したファイルの送付は、料金のお振込みを確認後となります。
6.修正
納品した事業計画書の加筆・修正に関しては基本的に無料で対応します。ただし修正は2回までとさせていただきます。
【注意事項】

事業計画は、こちらで勝手に「作文」するようなものではなく、複数回のヒアリングを行い実態に即した資料を作成します。そのため、一定のお手間をとらせる面がございますがご了承ください。業績を偽装したり、実態とかけ離れた内容の資料作成などはいたしかねますので、その点もご理解いただけますと幸いに存じます。

 

事業計画書作成サービス詳細
料金
15万円
お支払方法
銀行振込。料金は事業計画書納品前となります。お振込み確認後、完成した事業計画書をお送りいたします。
ご用意いただく資料
・決算書(損益計算書・貸借対照表)3期分のコピー ※PFFファイルでお送りください。
・法人税申告書3期分のコピー ※PDFファイルでお送りください。
作成させていただく事業計画書資料
・損益計算書
・予想貸借対照表
・キャッシュフロー計算書
・返済計画
※完成した事業計画書はPDFファイルでお送りいたします。

 

お申込みフォーム
返信は3営業日以内にいたします。もし返信がない場合は、迷惑フォルダに振り分けられている可能性があります。返信が届いていない場合は、お手数ですが、迷惑フォルダをご確認ください。
【注意】必ずお読みください。

・「太郎」「花子」といった、仮名でお申込みされたものには返信いたしません。
・いたずら目的と判断したもの、会社名またはお名前が入力されてないなど、記入項目に不備がある場合は返信はいたしません。
・携帯電話のメールアドレスでは、メールが届きませんので、パソコンメールでのご登録をお願いします。
・このサービスは、利益の保証や利益の補てんを保証するものではありません。
・当事務所はコンサルタント事務所であり弁護士事務所ではありません。そのため、融資やリスケジュール等の交渉を代行することは法律上できませんので、資料作成の支援、報告や交渉の補助を行うものとお考えください。